宇宙

2013.10.13 Sunday

たまたま金曜の夜、ホリエモンのTEDでのスピーチをYouTubeで見た。

Space will be the place for everyone: Takafumi Horie at TEDxSapporo
http://youtu.be/mL2asJyoqTw

ロケット開発に取り組んでいるらしいというのは、なんとなく情報として知っていたが、
宇宙を近くに感じた瞬間とか、そういったこの人だからこその目線で語られる話は、
共感できるほどのところに自分はいないと感じながらも、とても興味深いと思った。
汎用部品で作ろうとしてて、職人の技術に頼らない工業製品としてのロケットを
目指しているとか、考えていることが面白い。

宇宙、そのうち行けそうな気がしてくる。




で、日が変わって土曜。
娘の保育園の運動会だった。

内容は、かけっことかダンスとか、まあよくある運動会なんだけども、
テーマがあって、それが「冒険」だったかと思う。

そしてその具体的なイメージが「宇宙」だった。
ロケットや宇宙人を扱った踊りとか競技が繰り広げられていた。





運動会中、自衛隊のヘリコプターの編隊が上空を通り過ぎていった。
正確な数はわからないけど、5機ずつくらいで飛んでいて、全部で30機くらい
いたんじゃないだろうか。
音が大きく、運動会の運営に支障がでるくらいで、結構迫力あった。
天気も良かったこともあり、空を凄く意識した瞬間だった。

ヘリコプターに乗っている人は仕事で飛んでるんだろうけど、景色良いだろうな。
誇らしい気分になっているのだろうか。ああいうの乗ってみたいもんだな。
でも暑そうだな。エアコンとかあるのかな。…とかいうことが頭の中を巡った。
日差しが強く、暑過ぎてクラクラしてて、なんか不思議な感覚だった。

そして、楽しくて仕方ないはずの運動会の最中であるにも関わらず、
多くの子供たちは、その瞬間だけは空に心を奪われているようだった。
この状況は印象的だった。


で、突然の空の出来事から、目の前に目線を戻せばそこは宇宙。

子供たちはロケットに乗り込み、そして宇宙人と握手!!

運動会の最後は、建物の2階のベランダから、おそらく保育園の先生が扮した宇宙人が現れ、
ピンクレディーのUFOのダンスを披露するという悪乗りとしか思えないサプライズ企画が
あったりして、なかなか面白い会だった。


ロケットでの冒険や楽しい宇宙人との出会い。
ここでの宇宙は未来の希望だった。




そして運動会が終わった後、家で休んでから、自転車で近所の文化会館へ。
きゃりーぱみゅぱみゅのライブに行った。

近くに来るというので、なんとなくの勢いでチケットを取ったわけだが、いや凄かった。
自分が今どきのライブみたいなものに、ほぼ行ったことないので、これ普通なのかも
しれないけれど、照明とか、ダンスとか、すごく衝撃を受けた。

ステージ上のセットや周りのダンサーがきゃりーを補完するように存在してて、
全体としてスキがない。
はじまった瞬間から、近くの学校の生徒が集まる合唱コンクールとかの印象しかなかった
会場が、全く別の空間になる。
内容については、ミュージカル風ということだったけど、
基本的には曲で踊らせる感じのステージになってて本当に楽しい。

細かいところまで考えつくされているような空間づくりとパフォーマンスで
圧倒的な安定感、期待を裏切らない感じはさすがだと思った。


ちなみに今回のツアーのタイトルはこれ。

なんだこれくしょんツアー 〜きゃりーぱみゅぱみゅの宇宙シアター〜
http://kpp2013hall.tumblr.com/

そう、ここでもテーマは「宇宙」だった。
宇宙キター!と思った。

盛り上がらないと、きゃりーが宇宙へ、他の星へ行ってしまう!そんな感じだったと思う。
別の星でもきゃりーの歌を聴きたい宇宙人がいるそうな。

昼間に保育園の運動会に現れて、ピンクレディーのUFOを踊って去って行った宇宙人を
思い出しつつ、きゃりーが他の星へ行ってしまったら困る。いや、宇宙の平和のためには
宇宙規模で活躍する歌姫は必要だったりするか?
あれ?きゃりーはリン・ミンメイ?いやシェリル・ノームだったのか?とか思いを巡らせつつ、
僕らが地球人で、なんとなく宇宙というのは、よくわからない別の世界なんだな、ということを
意識させられた。そんな気がした。




ホリエモンのように手の届くものとして信じ、目指すべき宇宙。
保育園の運動会で展開された夢と希望の宇宙。
きゃりーぱみゅぱみゅが意識させてくれた、よくわからない別の場所としての宇宙。

宇宙って多様だ。


たまたま自分が「宇宙」というキーワードに複数同時に触れることがあったので考えてみたけど、
やっぱり時代は宇宙なんだろうなとは思っている。
宇宙は今のところとにかく遠い。しかも宇宙は地続きではない。

詳しくないのでなんとなくで言うけど、これまで、実際の話はともかくとして、見た目から
飛行機の延長で宇宙へ行けるのでは?と思わせる大きな要素だったスペースシャトル計画が
終わった後の世界で、感覚としては宇宙は改めて遠くなってしまったのではないかと思う。

だからこそ宇宙はまた輝きだしてるのではないか。
「宇宙」っていうテーマ、まだまだロマンがあって語れるぞ、と。

宇宙、面白いと思う。

ID3タグの文字化け

2013.10.11 Friday




しばらくメインで使っているPCはUbuntuだったが、少し前にWindows8のPCを買った。

LinuxからWindows環境への移行はほぼ問題なく済んでいたが、
MP3ファイルのID3タグが文字化けしていて、それだけがずっと気になっていた。

ファイル名で管理すればいいやと無視していたのだけど、ところどころで化けた情報が見えて
やはり気になるので調べてみた。

どう考えても文字コードが怪しいが、タグの情報はLinuxの時にUnicodeへ変換してたし、
おかしいなと思っていたのだが、どうやら原因はID3タグのv1とv2両方のデータがあったからっぽい。

v2のデータは問題なかったけど、v1のデータが文字化けしてたことが原因だった様子。
v1のデータを消したら解消した。よかった。


ちなみにその辺の操作は普段使ってるプレイヤー(AIMP)のタグエディタからできた。

子育てのはなし(お話を聞かせること)

2013.10.08 Tuesday



よく3歳の娘にお話を聞かせる。

昔話だったり、創作話だったり、落語崩れの話だったり。
だいたいは寝る前。

寝る前に、絵本を読むかお話を聞くかどっちかを選ばせることが多い。
何かを頑張った日とかは、ご褒美に絵本とお話両方の場合もある。


嬉しいことに、娘は結構このお話を楽しんでくれているようで、リクエストをもらうことも多い。
とはいえ限られたレパートリーだ。
具体的にする話といえば、桃太郎とかウサギとカメが多く、あとはアンパンマンと散歩する話とか
しょくぱんまんが保育園に来る話とか適当に話を作って聞かせている。

昔話は繰り返し聞いているので、自分でも桃太郎くらいは終わりまでだいたい話ができるようになっている。


そんな娘だが、いつもはしゃいでいて、なかなか言うことを聞かない状態になることも多い。
特に夜、ずっと騒ぎ続けて、なかなか寝ない。

寝ない時はおばけが来るよ〜とか言うのだが、それでも全然言うことを聞かなくなる時がある。

そんな時たまにするのが、怖い話。
怖いといっても大人が怖がる怪談的なものではない。

実は昨日もそんな怖い話をした。
話した内容はこうだ。

------

一人で寝ないで夜遊んでいる子がいる。
家のチャイムが鳴る。
玄関へ行くと声が聞こえる。

こんな夜に楽しそうな声がしたので来ました。
鬼ですよ。鬼のお兄さんですよ。鬼ごっこしよう!と誘われる。

断ると、今度はお化けのおばさんがきて言う。
おばけですよ。あたしとおままごとしましょう!

そんなところにお父さんの友人のSが遊びに来て、鬼とお化けを追い払う。
でもお父さんとお母さんは寝ているので、Sも帰ってしまう。

------

こんな話。これが結構効く。
最後まで黙って聞くのだが、話が終わった瞬間に泣きだす。
そしてお母さんに抱きついて寝る。

心に響き過ぎてるとしたら、あんま良くないのかもしれないけど…。



何が言いたいかというと、お話はいろいろ使えるし、考えるのも楽しいし、
手軽だし、子育ての道具として非常に面白いよ。ということだ。


このお話のおかげかどうかはわからないが、娘はよく喋る子になった。
良いか悪いかはともかく、一緒に過ごしていて面白い子に育ってきたと思う。


みなさん、子供ができたら(いたら)お話をしてみたらいいと思う。

囲碁のはなし(四角い石)

2013.10.07 Monday

今日、「日本囲碁界の未来を語る会」というのをやっていた。
ニコ生で見たけど、なかなか面白かった。

流れに乗って(?)囲碁についてずっと考えてたことを書こうと思う。
普及のための案で教育へ組み込もうとか、世界戦で勝てるようにしようとか、
そういうのとは違った切り口でひとつ。



まず、囲碁ってどんなものか?
前提として、ルールは超簡単だということがある。
これは、一回でもやったことある人なら頷いてくれることだと思う。

 ※まったく囲碁を知らない人は参考までに↓でも見てみてくださいな。
 ---------------------------------------------------------
 囲碁入門講座|向井3姉妹のみんなであっぷUP↑
 7.囲碁のルール アーカイブ
 http://www.nihonkiin.or.jp/nyumon_sanshimai/cat62/
 ---------------------------------------------------------


しかし簡単にもかかわらずわからない。
初心者にとってはなにがなんだか本当にわからない。
それが囲碁だ。

囲碁のわかり難さ。これは何からくるか?
もちろん単純な話ではなく、いろんな要素が関連してると思うのだけど、
入門者にとって一番の問題はここだと思う。

<石の繋がりが直感的にわかり難い>

文字通り石が繋がっているか否か。それがわかり難いんだ。
重要なのに。

なぜか?
それはただ単に繋がってないからだと思う。
入門者の最初の壁、終局の判断がつかないのも、これが原因だと思ってる。


というわけで、それを解決するのには、これが一番簡単でいい。

※イメージ図


四角い石の囲碁。
どうだろう?

馬鹿げた意見だと思われると思う。
囲碁できる人にとっては。

でも、これだけで見え方が凄く違って盤面の状況が把握しやすくなる。
具体的に言えば、石の繋がったところや切れているところ、アタリがパッと見でわかるようになる。


そもそも、なぜ四角い碁盤の目に丸い石を置く必要があるのか。
しかもマスの中ではなく交差点に。
伝統ってのは大事にするべきだとは思うけど、入門者向けにはこういう感じで、
概念をわかりやすく伝えることも大事だと思う。
だって伝わってない感じするから。


なんとなく思ったことです。
誰か試しにつくってやってみてほしいなと。

000122

2013.09.15 Sunday



歳を重ねることに慣れてきてしまいました。

000121

2013.08.01 Thursday



8月ですね。夏ですね。

000120

2013.07.30 Tuesday



うなぎパイは最高のおつまみじゃないか。

000119

2013.07.23 Tuesday



暑い。そして目がかゆい。そんな日々。

000118

2013.07.13 Saturday



よき三連休を。

000117

2013.07.12 Friday



100年後を結構意識している。
正確には100年後に100年前を発見するという視点を。