「二人の放課後 囲碁ライフ ‐妻は五年で初段になった‐」という本

2015.10.15 Thursday

いい本がある。
囲碁の本。

はじめに言っておくと、宣伝しようと思っている。

タイトルに「妻は五年で初段になった」とあるが、もちろん僕の妻の話ではない。

二人の放課後 囲碁ライフ―妻は五年で初段になった
 

帯のコメント、「有段者のご主人とその奥様に読んでいただきたい一冊です。」…なんという敷居の高さ(笑)!!

このような囲碁関連の本を手に取る可能性があるであろう、囲碁好きな方々。
そこからさらに有段者で、かつ囲碁を打たない奥さんの存在がある、というかなり限定的な層をフィルタリング!!
なかなか挑戦的な試み…というわけではなく、内容については、そんなにターゲットを絞ったものではないので、安心して手にとってみていただければと思う。


囲碁関連の本といえば、入門書や詰碁の問題集、打碁集等の技術書がほとんどで、あとはプロが持論を語る本があるくらいじゃないだろうか。
この本は違う。全然違う。

奥さんが囲碁をはじめて、初段になるまでの様子を旦那さんの視点から綴ったものだ。
その旦那さんも、有段者ではあるが、プロとかそういうわけではない。
言ってしまえば、普通のおじさんだ。これが面白い。

技術書ではないといったものの、棋譜の解説はある。
ただそれは当然だがプロの素晴らしい対局の棋譜などではなく、奥さんが指導碁を受けた時のものだったりする。
棋譜にはプロの指導の内容、プロから見てのコメントが添えられている。
指導を受けた本人(奥さん)のコメントもあり興味深い。

指導者の視点、それぞれの段階(級位者〜初段)で指導を受ける視点があって、いろいろな見方ができる。

この本の楽しみ方としては、有段者の方が、どういった姿勢で奥さんと囲碁を一緒に楽しめるようになるか、という視点が基本なのだと思うが、これから囲碁をはじめようとする人、囲碁をはじめたばかりの人たちにとっても、たくさんの気づきをもたらす本だと思う。

読みやすい文体で、囲碁好きな方すべてにおすすめできる本になっている。


また、それぞれ違った趣味をもった夫婦が、少しずつひとつの趣味を共有していくという物語は、囲碁に限った話ではなく、とても普遍的なものだ。
定年を迎え、その先の人生をどう過ごすかと考えた時に、手にとってみて損はしない、そんな本でもある。



囲碁、夫婦、といったテーマの本なので、僕の知り合いで、ぜひ読みたいと思う人は少ないかもしれない。
それでも宣伝しているのは、よい本ということは前提として、義理の姉である三村芳織三段が監修しているというのがある。

普段、会うことは多いが、個人的に囲碁の指導等を受けたことはなく、本書の中ででてくる先生っぷりは不思議な感じ。
当たり前だが、プロはさすがだなと思う(笑)。


あと、大事な点はここ。
 


なんとびっくり、挿絵と裏表紙のイラストを僕が描いている。
(普段描いている絵と全然違うけど)



というわけで、これは本当に多くの方におすすめできる内容の本なので、よかったら手にとってみていただければと思います。
よろしくお願いします。


二人の放課後 囲碁ライフ―妻は五年で初段になった(Amazon) 
二人の放課後 囲碁ライフ―妻は五年で初段になった(出版社のサイト)

 

きんちゃんがいってしまった…

2015.10.12 Monday

あまりのかわいさにブログに書いた、「きんちゃん」のこと。

まさかの事態が。
まさにブログに書いた翌日、死んだ…。

朝から弱っていて、底の方であまり動かなくなり。
ついに「きんちゃん」は横たわってしまった。

この時点で娘は号泣。

それでもしばらく息はしていたようだけど、夕方には完全に動かなくなってしまった。
庭に穴を掘り、「きんちゃん」を埋めた。

悲しい。本当に悲しい。

金魚すくいの金魚はすぐ死ぬことが多いとは聞いていたから、それなりに覚悟はしていたけれど、
数日様子をみていて、かなり元気だったので、まあしばらくは生きるだろうと思っていた。
前に書いた通り、愛着もわいてきたところだったので、かなりショック。

また、いつか機会があったら金魚を飼いたい。

 

きんちゃんがきた!

2015.10.09 Friday

先日、家に「きんちゃん」がきた。

「きんちゃん」とは、金魚の名前だ。
おまつりで娘が金魚すくいをして、取れなかったのだけど、おまけで一匹もらってきたらしい。
娘はお土産をもらったと喜んでいた。
その金魚に娘が名前をつけた。

それが「きんちゃん」。

娘が言うには、テレビで「きんちゃん」という金魚を見たようで、同じようにつけたとのこと。
ということなので、娘が自分で考えたオリジナルの名前ではないようだが、「きんちゃん」というネーミングはなかなか良い。
呼ぶたびに愛着がわく。そんな名前だと思う。


個人的には、家で生き物を飼うことは反対だった。
家族の普段の生活からして、きちんと面倒をみれるとは思えなかったからだ。
しかし、すでにいるものは仕方ない。
妻が金魚鉢や餌等を用意して飼うことに。



5歳の娘は、喜んで時間を決めて餌をあげたりしている。
2歳の息子は、そんな姉を見て「きんちゃん!、きんちゃん!」と騒いでいる。

ラッキーなことに、この一匹の金魚、よく食べてよく動き、とても元気そうに見える。
金魚なんて…と思っていたのだが、「きんちゃん」と呼んだりしながら、ずっと見ていたらなんだかかわいく思えてきた。

今のところ、金魚鉢に酸素がでる錠剤を入れているだけで、かわいそうな状況なので、
もうちょっと環境を整えて育てていきたいと思っている。

「きんちゃん」、長く生きてくれると嬉しい。





 

アートラインかしわ2015 ライブペイント30vs30

2015.10.07 Wednesday



この前の日曜(10/4)、柏駅前で行われたライブペイントのイベントに参加してきた。


アートラインかしわ2015の企画のひとつ。
駅前通りにイーゼルが30並び、皆それぞれ30号のキャンバスに向かい、作品を制作するというもの。

昼前から描きはじめて、夕方に終わる。
ずっと音楽が流れている。

人も途切れず流れている。
適度な人通り具合、いい感じ。

何度も参加させてもらっているけど、良い街だなと、いつも思う。
描いていただけだけど、本当に心地よくて、楽しかった。



アートラインかしわ2015
http://2015.kashiwa-art.com/




描いた絵はこれ。




 

だるまかいたよ

2015.08.09 Sunday







ごけだるまを描いたらしい。

タンクトップ

2015.08.05 Wednesday

少し前に絵描きの知人がタンクトップ姿で絵を描いている姿をSNS上に載せ、裸の大将とかいっていた。

奇遇だなと思った。
ちょうど自分にもタンクトップブームがきている。
心の中で、「裸の大将なんだな…。」とか、呟きながら依頼もののイラストの作業などをしていた。

最近、部屋着はだいたいタンクトップ。
春に刈った髪は伸び、もう坊主ではないものの、裸の大将感は拭えない。
お洒落タンクトップ野郎には程遠い。ランニングと言った方がイメージに近づく。
しかし、そんなことはどうでもいい。


これまで知らなかった。
タンクトップがここまで心地よい服とは。
とにかく楽。
今となっては、なぜシャツに袖があるのか不思議なくらいだ。

ちょうど良い汗の吸い取り。
袖が無い分、若干涼しい。

おまけに絵を描いていて感じるのが、腕を動かすのに干渉するものがないということの素晴らしさ。

別に袖があろうが、できることに変わりはないのだけど、些細な差だが、確実に違う感覚。
逆に袖付きの服で作業すると微妙にストレスを感じる。

ひとつ些細な幸せを見つけ、ひとつ不自由を知ってしまった気がする。


まだ夏は続く。




境内アート小布施×苗市(2015)を終えて

2015.04.21 Tuesday



今回の境内アート小布施×苗市、結構余韻が残ってる。

開催中はほとんど描いてるだけだった。

一日目は素晴らしい天気で、暑さにやられそうになりながら桜吹雪にまみれて描き、二日目は寒さと雨に耐えかね、屋内の道場に移って描いた。
それでも楽しくて描いているわけで、ただただ充実していた。

外で描いていた場所は、ステージとなる本堂のすぐ近くだったので、ステージパフォーマンスの様子を近くで感じられ、常に楽しい雰囲気。


また、たくさんの人と関われて本当に面白かった。
僕のように他の地域から様々な縁で集まってきた作家たち。
地元の実行委員(彼らも作家だったりするから面白い)など。

懇親会でいろいろな人たちと話しができること、酒をたくさん飲めること、おまけにお寺の本堂に泊まれるのも、このイベントの魅力だと思う。



雑貨とか木工とかを扱うクラフトマーケットも同時開催されているので、アート以外でも作品を作っている人は来年以降の参加を検討してみたらいいと思う。
クラフトマーケットの場所は森の中で、これまた雰囲気が独特で楽しい。




ちなみに今回僕が描いた絵はこれ。



我ながらどこへ向かっているのだろう…?



長野へ行こう

2015.04.16 Thursday



いよいよ明日から。
4/18(土)、19(日)二日間のイベントです。

境内アート小布施×苗市
http://keidai-art.com/


今夜出発して、朝には小布施に着くはず。

今回も前回と同様に外で描くつもりなので、雨が降るときつい。
今のところ、天気は悪くない予報のようで嬉しい。

今回は一人旅で、車内に余裕があり、僕の持ってるほぼすべての画材を持って行く。
無計画で何使うかわからないからってのも理由なんだけど。

まあ、現地でお会いできる人たちには、きっと面白いものを見せられるのではないかと思います。


ぜひ今からでも長野へ向かう支度をはじめてくださいな。

頭を丸めた

2015.04.12 Sunday




昨日、髪の毛をバリカンで刈って、坊主にした。
特に深い理由とかは無く、勢いで。


最近、意味のある言葉を少しずつ発するようになった息子は、頭を指さして「ない!ない!」と言う。
妻も娘も「良い」とは言ってくれない。
しかし、自分なりにはとても満足している。

坊主にするということは、寝ぐせなど気にしなくていいメンテナンスフリーな頭を手に入れるということなんだ。
考えることがひとつ減る。これだけで価値がある。


ただ、前から時々坊主にはしていたけれど、夏に坊主にするのはベタ過ぎると思い避けてたこともあった。
でもやっぱ夏に向けて髪をさっぱりさせるのは自然だし、涼しくていい(まだそんな暑くないけど)。

そんな感じです。




さて、長野県の小布施でのイベント、来週末に迫りました。
前回の記事

ライブペインティングは特に準備がなくてもできるからいいな、と思っていたのだけれど、
今までと同じようなことやってても仕方ないなと思いはじめて、いろいろ考えている。

どうなるかわからないけど、ギリギリまでどんな制作をしようか考えようと思っています。

境内アート小布施×苗市
http://keidai-art.com/




------

おまけの宣伝
LINEスタンプあります。

ごけだるま
http://line.me/S/sticker/1066645

毎週日曜の午後、囲碁番組にでてるうちの嫁さん公認の囲碁スタンプです。
自分が使いやすいように作ったから当たり前なんだけど、我ながらとても使いやすいです。
気が向いたらぜひ使ってみてください。

【2015/4/18(土)・19(日)】 第12回 境内アート小布施×苗市

2015.03.22 Sunday



今年も行きます。

長野県のお寺で毎年開催されるイベントです。
境内でライブペイントします。


たくさんの面白いものに触れられるアートイベント。
クラフトマーケットもあって、2日間まるまる楽しめるはず。
観光スポットも温泉もあるし、ぜひ皆様、この際に長野旅行を企画してみてはいかかでしょう?


境内アート小布施×苗市
http://keidai-art.com/



2015/4/18(土)、19(日)
信州小布施「陽光山 玄照寺」
住所: 〒381-0203 長野県上高井郡小布施町大島90
(地図:https://goo.gl/maps/SEUuh