いごのいご

2016.03.09 Wednesday

今朝家をでるとき
今日は早く帰ってくるかと娘に聞かれた
何かと思えば囲碁を打ちたいという
早く仕事終わったらやろうと答えた
結果的に仕事が終わったのは21時過ぎ
娘が起きている時間には間に合わない
今日は囲碁を打つことはできないな
そんなことを思いながら
帰宅時の電車
スマホでニュースを見た
囲碁のニュース
コンピュータがトッププロを破った
GoogleのAlphaGoがイ・セドルに勝ったという
まだ五局中の一局目が終わったに過ぎない
それでもこれは衝撃的なニュースだ
おそらく囲碁界の内側にいる人たちは
僕よりもっと衝撃を受けているだろう
あと10年はかかるだろうといわれていた
そんな場面に今日突然立ち会うことになったわけだから
コンピューターと人間は別物
そんなことは皆わかっている
だからこれからも囲碁を打つ人は変わらない
趣味で打つ人の楽しさは変わらないし
プロ棋士の素晴らしい対局はこれからも繰り返されるはずだ
ただ今回の出来事でひとつだけ
確実に変わることがある
最強という言葉
この言葉の意味が変わる
最強を求めるということの価値が変わる
このことによってプロのあり方は変わるのではないか
強さを求めて道を極めようとする姿勢
それ自体は変わらないかもしれないけれど
その質が問われるようになると思う
そして囲碁界が面白くなるはずだと思っている
これからのことが楽しみだ
 
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL